業務アプリケーション開発

貴社のポリシーに沿った業務アプリケーション開発
貴社のポリシーに沿った業務アプリケーション開発

当社はエンドユーザー企業やプライムSIerと共に多くの業務アプリケーションを構築してきました。
お客様ごとに異なるプロジェクト管理ポリシーを把握した上で様々なご要求にこまめに対応し、最適な業務アプリケーションを構築いたします。

開発体制作り

受託請負、SES(常駐型)、派遣、いずれのご契約にも柔軟に対応いたします。また、工程ごとにご契約を切り替えることも可能です。

プロジェクトや取扱いデータの機密性、要員管理の効率、及び開発やテストに使用する機器のご都合等を考慮し、最適な開発体制を構築いたします。

各種レギュレーション

ソースコード記述、ドキュメント作成等における貴社レギュレーションをしっかりと理解し、遵守いたします。

開発手法

ウォーターフォール開発、アジャイル開発のいずれの手法でも、当社の技術者の能力が最大限に発揮できるよう、プロジェクト管理いたします。

ウォーターフォール開発 アジャイル開発
計画性を重視した従来型手法であり、現在も業務アプリケーション開発の主流です。
当社では、要件定義(機能/非機能)、設計、実装(製造と単体テスト)、結合テストの各工程ごとに、開発規模に応じた検証方法を確立した上で、効率と品質の両立を図っています。
各工程において、貴社の方針に沿うよう、ユーザーレビューと内部レビューを組み合わせて実施いたします。
プロトタイピングに似た、反復型開発手法です。
BtoCのWebアプリケーション等、画面の動き(振る舞い)を重視するプロジェクトで採用するケースが増えています。
1機能の開発~レビュー期間内を小さなウォーターフォール方式で管理することで、乱雑な作業とならないよう配慮しています。

プロジェクト管理方法

貴社のプロジェクト管理体制や管理基準に沿った管理方法を計画し、確実に進行管理いたします。

会議体、レビュー内容及び方針、課題のエスカレーションと管理方法等をプロジェクト開始時点でしっかりと定め、実践します。

また、当社のプロジェクト管理は、標準化されたWBS(タスク管理)を基本としていますが、WBS管理においても貴社基準があればそれに沿って策定、管理いたします。

お問い合わせ・資料請求はこちら 入力フォーム
お電話でのお問い合わせ 03-5425-1616
お問い合わせはこちら お問い合わせ入力フォーム 電話番号
PAGE TOP ▲